大手並みの料金・・・。そうならない格安航空券の買い方

- 大手並みの料金・・・。そうならない格安航空券の買い方

大手並みの料金・・・。そうならない格安航空券の買い方

2017年2月1日 5:11 PM

格安航空会社の特徴をご存知ですか。
航空券を安く手に入れられるので、拡大を続け今では日本でもいくつもの格安航空会社が存在します。
基本的に移動するだけに重点が置かれているので、サービスは低く設定されています。
そんな格安航空券を上手に買う方法を紹介していきたいと思います。
格安航空会社だからと無計画に購入すると大手並みの運賃を支払う事にもなりますので、この記事を参考にしてください。

安く買うには早めがよい

格安航空券の最大のメリットは、一般的に空席数によって運賃が変わるシステムを導入しているところです。
よって、早めに購入する方が安く購入できる事になります。
逆に言うと当日など直前に購入しようとすると、格安航空会社と言ってもかなりの金額になっているという事です。
また、早期に予約をすると割引運賃になるところもメリットです。
搭乗日が近い時点の運賃と比べて半分くらいで乗れるくともあるくらい安くなるので、早ければ早いだけお得に乗れます。
ただし、多くの場合一度予約をすれば変更や取り消しができないシステムになってるので、用事などで乗れなくなった場合でも満額の支払いは免れられません。
仮に変更ができたとしても多額の手数料がかかるので、注意が必要です。
また、キャンペーン運賃などを安いからと言って3か月以上前にチケットを購入するのもオススメできません。
いろいろな事情で時刻変更があるからです。
この変更は数十分から数時間単位で行われるので、キャンセルをする原因にもなりかねません。

様々な手数料に注意

格安航空会社は様々なサービスを削ってありませんが、その分追加料金を払えばサービスを受けられます。
手荷物を預ける時にかかる受託手荷物料金や重量やサイズをオーバーした時にかかる重量超過手荷物手数料、あとは機内食やドリンク、毛布などもかかる場合もあります。
追加料金のかかるものは航空会社によって違いはありますので、予約をする前に確認をするようにしましょう。
手数料の全てを支払っていたら、結局大手並みにかかってしまう事だってあります。
格安に乗ったつもりが大手並みの運賃だったら、もったいないですよね。
大手航空会社とは違うので、そこには注意しましょう。

購入・支払方法

格安航空券の購入では電話や窓口で購入しようとすると手数料がかかりますので、基本的にインターネットを使って行います。
支払方法はクレジットカードかコンビニで決済します。
クレジットカードの場合は決済した時点でキャンセルはできなくなるので注意してください。
コンビニ支払いの場合は予約から支払いまで少しありますので、その間ならばキャンセルできます。
ただし、航空会社によって少し手続きに違いがありますので注意したください。

航空会社も選び方次第

航空券の選び方はそれぞれありますが、メリット・デメリットをしっかりと把握しておけば怖くないですよね。
安い航空券が手数料で高い買い物にならないためにも、調べられる事はしっかりと調べておきましょう。

Copyright(C)2017 LCCはなぜ安いのか?コストを抑えて旅行するなら格安航空券を使おう! All Rights Reserved.
wp_footer(); ?>